THE HELLECASTERSに凄腕ギタリストが3人も

ギターを弾いている人は知っている人も多いとは思うが、日本ではあまり売れていないので、ぜひyou tube などで聞いて欲しいバンドだ。

凄腕ギタリスト3人組のバンドだが日本ではあまり知られていないようだ。

The Hellecastersファーストアルバムは色々なバンドやギタリストのカバー曲ばかりなので(1部違う)ぜひとも聞いて欲しいバンドだ。

このアルバムはぜひ買ってもらいたい。

どの曲も良い曲ばかりだ。

買って損の無いアルバムだと思います。

Return of the Hellecasters

新品価格
¥8,395から
(2015/5/6 22:55時点)

hellecasters

スポンサーリンク
スポンサードリンク

THE HELLECASTERS FIRST ALBUM

このバンドはカントリーの技法でロックを演奏するような感じだ。

私はカントリーにはまりこの人方を知ったわけだが、もの凄いです。

ちょっと真似するのには時間がかかりますし指の皮もむけるしそれの回復を待っていたら日が暮れてしまうからひたすら練習あるのみみたいなちょっとやそっとじゃ真似できません。

押さえる場所がわかっているのに出来ないもどかしさ・・・

john_jorgensen彼は John Jorgensen  という名前でミスターフィードバックと言われててしょっちゅう使うがそれだけではないもの凄いエフェクターのディレイを使った奏法や早引きなど凄いの1言

ファーストアルバムでは2曲ほどフューチャーしているがその他3人でかわるがわる弾いている曲が凄い。

ピックも指も使っての奏法だが3人ともカントリーだからそうなんだけど・・・


Will Ray彼の名前は Will Ray と言いBベンダーというヒップショットをギターに付けて指に短めのスライドバーを付けてのぐちゃぐちゃで何が何だかわからない。

Bベンダーは使ってるしスライドバーは使ってるしで真似は難しいと思う。

出来たとしても自分なりのフレースは出来ないと思う。

指でベンディングしているのかBベンダーを使っているのかもわからない。

今は動画でも見られるのでコピーしたい人は出来るのかも知れない。

ただBベンダーを付けなきゃいけないしで大変だ。

たしか3万はしたはず6弦のE音をD音まで下げてくれるのも付いての値段だったな~


Jerry Donahue彼は Jerry Donahue という名前でベンディングの達人だ。

彼のまねをしたら必ず指の皮がむける。

弦も何もぐにゃぐにゃだ。

昔はピックと残りの3本の指で弾いていたが、今はサムピックを使っているようだが、サムピックを使っているからって真似は出来ない。

ライトゲージでは無理だった。

ライトゲージだと完全に1音ベンディング出来ないで変な音で終わっていた。

指ってどう鍛えるんだ~

この人方は私が見た中で1番凄いと思う。

アルバート・リーも凄いがこの人方は別だ、何をどうしているのかわからない。

ぜひ動画で見てほしいギタリストたちだ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です